スマホ老眼に注意!習慣化してしまうとVDT症候群が現れる

MENU

長時間の使用に注意

メガネ

定期的に目を休める

老眼というと40歳以上の人が手元が見えにくくなる症状と言われていますが、近年では急速に20代や30代のような若い人が老眼と同じように近いところが見にくいと眼科を受診する人が増えています。若い人が手元が見えにくくなる症状をスマホ老眼と呼ばれることが多く、スマホを長時間見ることによって目のピントが固定されてしまい、一時的にピントが合わせにくくなります。この症状は一時的に留まることが多いですが、そのまま放置して、今まで同様に長時間スマホの画面を見続ける生活を続けているとピント調節機能の調子が悪くなり、若いうちから老眼と診断されることもあるので注意が必要です。スマホ老眼を防ぐためには、長時間のスマホの使用を控えることですが、なかなか慣れ親しんだ生活スタイルを変更することは難しいものです。スマホを見ているとまばたきの回数が減少するので、意識的にまばたきをするようにするだけでもスマホ老眼の予防になります。そのまばたきも軽いまばたきではなく、ぎゅっと目をつぶるようなまばたきをするようにしてください。1時間に1回は10分程度の休憩をはさむようにして、休憩中は近くのものを見るのではなく、なるべく遠くを見るようにしたり、目をつぶって仮眠をとることもスマホ老眼の予防に役立ちます。目を休めるときには蒸しタオルを使って目を温めると血流が回復して、ピント調整に使われる筋肉の回復にもつながります。ピント調節機能を改善する目薬やサプリメントを使うことも効果的です。