スマホ老眼に注意!習慣化してしまうとVDT症候群が現れる

MENU

誰しもなりうる現代病

女性

酷使した目を回復させよう

スマホ老眼、という言葉を聞いたことがあるだろうか。単に「老眼」といえば四十代ごろから症状が出始める老化現象の一つだが、「スマホ老眼」は二十代〜三十代の患者が大半で、しかも患者数が急増していると言う。スマホ老眼は、スマホなどの小さな画面を近距離で長時間見続けることにより、目がしょぼしょぼする、目のピントが合いづらくなる、遠くがぼやけて見えるなど、老眼に似た症状が現れる病気だ。ほとんどの場合は一時的だが、繰り返すうちに症状が悪化したり、慢性化したりして目の老化を早める危険がある。さらにスマホを含む液晶画面からは目を疲れさせるブルーライトも出ているため、眼精疲労やドライアイになりやすく、スマホ老眼を更に悪化させる。こういった症状を放っておくと「VDT症候群」という深刻な病気につながる危険もある。しかし、スマホの見すぎが目に悪いことは知っていても、様々な事情でスマホをやめられないという人が大半だろう。そこで、スマホ老眼になるほど疲れてしまった目をきちんと回復させることと、新たな目の疲労を軽減することが重要になる。目の回復に有効なのは、睡眠をとること、目の周りや首を温めるなどして血行を良くすること、目薬などで目の栄養を補給することが代表的だ。目の筋肉の緊張をほぐすために、目玉をぐるぐる回したり、近くと遠くを交互にみるストレッチも効果がある。新たな目の疲労を軽減するには、こまめに休憩すること、意識してまばたきの回数を増やすこと、適したメガネをかけることが有効とされる。メガネにもさまざまな種類があるので、眼科やメガネ専門店などで検査を受け、自分にあったものを作るのが良いだろう。自分の目とは一生の付き合いだ。日々酷使してしまう分、しっかり労わってあげたいものである。