スマホ老眼に注意!習慣化してしまうとVDT症候群が現れる

MENU

高校生にも広がる症状

メガネ

目の筋肉の酷使が原因

最近目のピントが合いにくい、目が疲れる、そんな症状を感じている方はいないでしょうか。その症状は、スマホ老眼かもしれません。老眼とは、加齢が原因の進行性の症状です。一般的に40歳を過ぎると症状を感じる方が多くなり、手元が見えにくくなります。それに対し、スマホ老眼とは、10代や20代でも同様の症状が現れます。原因は、その名の通りスマホ。スマホが原因で老眼になるのには、毛様体筋と言う筋肉が関係しています。一般的な老眼は、加齢により目の水晶体が硬くなるのが原因です。水晶体は、ピントを合わせる役目を担っています。水晶体が硬くなることでピントが合いにくくなり、老眼の症状が現れます。また、水晶体を調整する毛様体筋まで硬くなるため、よりピントが合いにくくなります。一方、スマホ老眼は、毛様体筋の酷使が原因です。パソコンやスマホを長時間使用すると、目に大きな負担がかかります。中でも毛様体筋を酷使ししてしまい、水晶体を調整する機能が低下します。これにより、年齢に関わらず老眼と同じ症状が現れるのです。特に画面の小さなスマホは、より毛様体筋に負担をかけます。しかも、パソコンとは異なり、いつでもどこでもすぐに使用できるのがスマホ。寝ている時以外は、毛様体筋を酷使し続ける危険性があります。ゲームに熱中するのは構いませんが、必ず定期的に目を休めるようにしましょう。また、スマホを目から30〜40センチメートル離して使うことも重要です。その他、蒸したタオルで目を温める、目の運動をすることもスマホ老眼の予防に効果的です。