スマホ老眼に注意!習慣化してしまうとVDT症候群が現れる

MENU

長時間の使用に注意

メガネ

近年ではスマホ老眼という若者が手元が見えにくくなると眼科を受診する人が増えています。スマホを長時間見続けることが原因なので、1時間に10分は目を休ませる時間を作るようにして、蒸しタオルで目を温めたり、目薬やサプリを使うことでもスマホ老眼の予防になります。

詳しく見る

現代ならでは目の症状

老人

スマホ老眼はスマートフォンが普及をした事によって生まれた現代病です。スマートフォンの使用頻度を減らす事が、根本的な解決策になりますが、難しい場合はブルーライトカットの眼鏡やフィルムを使うなど上手く、スマホ老眼と向き合って行くのが良いでしょう。

詳しく見る

眼の現代病

スマホ

スマホ老眼は、スマホを長時間使用し見続けることによって眼のピント調節機能が低下してしまう症状です。放置すると近視が悪化したり、肩こり・頭痛などの症状が現れることもあります。予防するためには眼の酷使を避け、スマホの使用時は適度に休みを入れるなどして工夫しましょう。

詳しく見る

高校生にも広がる症状

メガネ

スマホを長時間使用している方は、老眼の症状が現れていないでしょうか。スマホ老眼と呼ばれており、10代や20代でも症状を感じる方が多くいらっしゃいます。原因は、毛様体筋の酷使です。スマホの長時間の使用を避けることで、老眼の症状を予防できます。

詳しく見る

誰しもなりうる現代病

女性

スマホ老眼の患者が二十代〜三十代の間で急増している。主な原因はスマホの長時間利用、ということで若年層がなりやすい現代病の一つである。スマホなどの利用で目を酷使することの危険性を知り、目の疲労にきちんと対処していくことが重要だ。

詳しく見る

ぼやけて見える不快な症状

スマホ

目以外にも悪影響が

若い人の間で、遠くがぼやけて見える症状が広がっています。スマホを長時間使用後に、ピントが合わず遠くがはっきり見えないと感じた経験はないでしょうか。それはスマホ老眼と呼ばれる症状です。症状は一時的ですが、習慣化してしまうとVDT症候群が現れます。適切なスマホの使用を心がけ、スマホ老眼もVDT症候群も予防しましょう。遠くがぼやけて見えるスマホ老眼の原因は、目にかかる負担です。近い距離でスマホを見続けると、目の筋肉の毛様体筋に負担がかかります。この毛様体筋は、水晶体を調整しピントを合わせる役目を担っています。知らず知らずのうちに毛様体筋が疲れてしまい、ピントが合いにくくなるのがスマホ老眼です。適度に休息しながらスマホを使用する、暗いところでは使用しないなど、スマホの使い方に注意をしましょう。また、スマホやパソコンのディスプレイを長時間見続けると、VDT症候群が発症します。VDT症候群とは、ディスプレイを使った作業が原因の身体的かつ精神的な不調です。肩こりや頭痛、イライラ、不眠など、様々な症状が現れます。また、ディスプレイを長時間見続けていることは、美容にも悪影響を与えます。眉間にシワが寄るほか、表情筋が硬くなり老けた顔になりがちです。目や顔の運動をすることで、老眼の症状もVDT症候群も老け顔も予防できます。運動の他に、サプリメントも予防に効果を発揮します。アントシアニンやビタミンB1などの成分をサプリメントで摂れば、栄養バランスに不安がある方も効率的な予防が可能です。